ピアノ教室 in トロント

ピアノ教室のことを中心に、日々の出来事を綴ります。

Summer Sounds ミュージックキャンプ

7月の最初の3週間、娘は教育委員会主催のミュージックキャンプに参加しました。学校のお友達が何人か行くので、便乗したという感じです。

会場は、車で10分ほどの距離の高校。

3週間のキャンプ期間中の自分の楽器を選び(娘はフルート)、1週目、2週目、3週目の1週間ごとに取り組む楽器も選び(チェロ、打楽器、キーボードを選択)、アンサンブルクラスの楽器も選び(パーカッションアンサンブルを選択)、毎日合唱の練習もして、文字通り音楽三昧の3週間でした。

 

責任者の先生は、娘が9月から行く中学校の隣の学区の中学校の音楽の先生。トロントでは名物音楽教師として知られ、この中学校の吹奏楽や打楽器アンサンブルは、毎年コンクールで優秀な成績をおさめています。(吹奏楽部ではなく、音楽の授業での吹奏楽)

 

その他の指導者たちもとても熱心で、ボランティアにあたった大学生(主に音楽学部在籍者)たちも、一生懸命子供達のサポートをしてくれていました。

日本で中学・高校の教員免許を持つ私ですが、カナダの音楽の先生たちのすごいのは、いろんな楽器をこなすことです。

弦楽器の指導をしたと思ったら、今度は木管アンサンブルの指導をしたり。

別の先生は、弦楽器のアンサンブル、キーボード、吹奏楽を指導。

そしてどの子も、たった3週間でそれなりに演奏するようになるのです。

合唱も、最初の数日は娘がガッカリして帰ってくるほど酷かったらしいのですが、最後のコンサートでは、とてもにわか仕立ての合唱団とは思えないほどにまで上達していて、びっくりです。

 

娘も最初の数日は、フルートでどの穴を塞ごうが、開けようが、同じ音しか出ず、半泣きで練習していたのですが、1週間せずメリーさんの羊まで到達?

3週目が終わる頃には、スターウォーズの曲をかじり始めていたというので驚きです?

 

中学校の音楽の授業ではフルートにすると決めて張り切っていますが、このたった3週間のキャンプが大きな第一歩になりました。